時計を筆頭に管理人の琴線に触れた物を紹介していくブログ


by norioba3

カテゴリ:mono( 48 )

買っちゃいました

IWCのインジュニア

f0048630_21563231.jpg



黒文字盤に赤の秒針のシンプルなデザインに一目惚れして買ったんですが、腕に巻いてみてブライトリングとはまた違った良さがあります。

マイルがめっちゃ貯まるので手数料がかからない2回払いで買おうと思ったものの、元の額が余裕で限度額オーバーしていたためやむなく現金とカードの合わせ技で買いました。


考えてみたら2005年にタグホイヤーのリンクを買い、2007年:ブライトリングのクロノマット・エボリューション、そして今年2009年:IWCのインジュニアと、まるで車検のように時計を買っていることに気付きましたww


すでに持ってるのに何で買うのと言う人もいるかもしてませんが、男性の時計は女性のジュエリーと違い、自己主張できる数少ないものの一つであると共に、僕にとっては常にそこにある“相棒”でもあるのです。


普段あんまお金使わない分使う時は無茶苦茶使うので、我ながらお金の使い方がダムの放水のような使い方するなと思いました。

さて一気に使っちゃったからまた気合い入れて貯めようかな。

PS:時計買った後に阪急の前通ったらトークショーしてるIKKO見ました。


f0048630_2157449.jpg


どんだけ~!
[PR]
by norioba3 | 2009-05-18 21:57 | mono

久々に一目惚れ

昨日対丸の時計サロンに行ったんですが、そこで久々にビビっとくる時計に会いました。

写真:IWCインジュニア・オートマチック、ソフトストラップモデル


f0048630_19374168.jpg



写真のインジュニアはパッと見レザーストラップに見えるんですが、腕が当たる部分はラバーの為これからの季節でもガンガンつけられます。

ラバーストラップの利点として、
①耐水性が強い
②形状や色の加工が容易なためデザイン性が高い

が挙げられます。

これまで

①メタルブレスレットを使うとどうしてもスポーツ色が強くなる。
②だからと言ってレザーストラップをつけるとインパクトにかける上、高温多湿の日本の気候には合わない。

の2連コンボで喘いでたんですが、昨日両方の悩みを解決してくれるこの時計を見た瞬間一目惚れしてしまいました。


デザインも黒文字盤に赤針が映える!!


値段も元値92万4000円が改装セールの為30%オフで64万6800円に!!


f0048630_19375835.jpg



貯金が100万位貯まってたんで買えるんですが、それは同時に旅に出る夢が遠のくことでもあります。


どうしようかと同じ時計マニアの友達にメールしたら

「30万オフは今しかないよ。つけて旅に出れば、もっと良い旅になり、旅の時期がずれてももっと成長した自分で旅に出れる」

というメールが返ってきました。

この言葉で時計を買うことを決めました。

他の人から見たら「アホじゃね」って思うと思います。

でも俺にとって時計というのは特別なもので、時を知る道具であると同時に情熱が宿るものでもあるのです。


日産プレサージュのCMで桐島かれんさんが言いました。
「美しいものに触れているということは、ドキドキしたり、嬉しかったり、“悦び”そのもの。だから普段使うものを快適で美しいものに変えていく」と。

俺にとってその快適で美しいものの対象が時計なのですが、その関係は人生のパートナーに似た要素が強く、携帯電話の時刻表示とは全く存在理由が違います。


現品限りで3週間程メーカーチェックが入る為購入は5月中頃になりますが、今からその日が楽しみです。


それにしても高2の時母にタグホイヤーもらってから時計の魅力にはまったけど本当ドップリ浸かっちゃってるな
[PR]
by norioba3 | 2009-04-19 19:39 | mono

魔裟斗すげえ

結構前なんですが、世界3大時計ブランドの一角・オーデマピゲ(ちなみに残り2つはヴァシュロン・コンスタンタンとパテックフィリップ)から魔裟斗モデルの時計が発表されました。

f0048630_181327.jpg



オーデマピゲ(以下AP)と言えば、ロイヤル・オークと呼ばれるスポーツウォッチが有名なんですが、八角形の文字盤と貫通して固定され、ネジ底が剥き出しとなっている八本のネジが特徴的です。

『ターミネーター』シリーズで有名なカリフォルニア州知事のシュワちゃんも熱狂的なファンで、『ターミネーター3』の公開を記念して「ロイヤルオークT3」も発売されました。


f0048630_181347.jpg



そしてこちらが魔裟斗モデル。


f0048630_183301.jpg


特筆すべきは日の丸とチャンピオンカラーを示す赤。


そして1ラウンド3分を示すことから1時に3、2時に妻の矢沢心のラッキーナンバーである14をあしらうと共に、2時に設置することで2人は1つであることも表しています。


日本人としてはもちろん初めてで、世界的な時計ブランドであるAPとのコラボレーションは魔裟斗の実力が世界的に認められたことを意味しています。


時計マニアとして一目惚れしちゃいましたが、値段見て一気に現実に戻されましたorz

※写真の通常版が200本限定で240万、ダイヤをあしらった限定版は20本限定で2000万!


通常のロイヤルオークも130万位からなのでとても手が出せませんが、いつかは腕に巻けるような大人になりたいものです。

それにしても魔裟斗モデル格好いいな~
[PR]
by norioba3 | 2009-03-22 18:02 | mono
これからの季節、眩しくなってくるので自転車用にオークリーのサングラスを買いました。

f0048630_21504285.jpg


モデルは宮里藍や石川僚選手も着用するフラックジャケット。


フレームもレンズも黒なので姉には蝶野みたいと言われましたが、スポーツサングラスの品質においてはさすがの一言。


ノーズピースとイヤーソックには汗や水が加わるとグリップ力が増すアンオブタニウムが使用され、耐衝撃性も他社の追随を許しません。


またハイドロフォビックレンズコーティングにより土や埃などの汚れを寄せ付けないだけでなく、水分も油分も弾いてくれます。


マウンテンバイクのライディングにもドライブにもオークリーのサングラスは汚れのない快適な視界を約束してくれます。


“デザインと機能は両立する”が持論なんですが、フラックジャケットなら普段使いも出来るし、スポーツをしていて汗をかいても邪魔されないのでこれからの季節は大車輪の活躍が期待できそうです。
[PR]
by norioba3 | 2009-03-07 21:51 | mono
タイトルは5~6年前の『monoマガジン』手紙特集号のキャッチコピーです。

今日は用事があって梅田に行ってきたんですが、そこで文房具フェアをしてました。

mono好きなんで眺めてみると世界初の六角鉛筆を作り、後の鉛筆の硬さの基準を築いた「ファーバーカステル」や宇宙で使える唯一のペン「エム・スコープ」など萌える文房具が沢山販売してました。


しかしそこで僕の足を止めたのはペンではなくシーリングワックスでした。

f0048630_22161173.jpg



シーリングワックスとは簡単に言えば手紙の封をする蝋なんですが、映画『ビューティフル・マインド』でラッセル・クローが機密文書に蝋を垂らしてスタンプを押すシーンを見て「これいい!」と思いました。


その後『monoマガジン』を見てネットでワックスとスタンプ注文後、ちょくちょく手紙に蝋を垂らしてスタンプ押すのがマイブームだったんですが今日久々にワックスを買って誰かに手紙を書きたくなりました。


テクノロジーが進化して離れていてもあたかもその場にいるようにコミュニケーションが取れますが、いくら時代が変わってもアナログの暖かさってありますよね。


特に雨に濡れた手紙や遠くから来た手紙を見て「ずいぶん遠くから来たな」とか書いた人に対して思いを馳せることができます。


メールやネット全盛の今だからこそ大切な人に手紙を書いてみるのもいいかもしれませんね。
[PR]
by norioba3 | 2009-03-01 22:16 | mono

複雑な気分だ

今日父方の婆ちゃんから荷物が届いたんですが、ふた開けてみたらチョコレートが。

f0048630_19481981.jpg



全く連絡がなかったので電話してみたら「東京行ったんだけど三越でしか売ってないみたいだからチョコ送った」とのこと。


電話切り際「くれる相手がいればいいけどいい加減彼女作りなさいよ」と言われたのが耳に残ります。



いくら出会いがないとはいえ75歳の婆ちゃんに心配される23歳の俺って一体…
[PR]
by norioba3 | 2009-02-11 19:48 | mono

祝☆1周年

シンクロ率41.3%

私が”あるもの”を初めて着用した時に出た、驚異的な数値。

現在この数値は、最大で400%まで上昇し、今も私の体を蝕み続けている。


どこにいても、どんな格好でも常に一緒にいる相棒。


それが…




CHRONOMAT EVOLUTION

f0048630_20575989.jpg




写真は去年時計を買った時の写真です。
右手に巻いてるのはタグホイヤーのLinkです。


ご存知“プロの為の計器”をブランドの哲学とするスイス屈指の名門時計ブランドです。


このブランドに出会ったのは約2年前、当時タグ・ホイヤーにゾッコンだった私は「文字盤がでかすぎるんじゃないか」とか「クロノグラフなんていらねえじゃん」などとATフィールド全開で見ていました。


しかし、大分の時計屋「サロン・ド・ビジュ・コハル」のスタッフからブライドリングの魅力を聞く度にあっという間にATフィールドを侵食されてしまいました。


前置きが長くなりましたが、タイトルにある通り、明日12月15日はそのブライトリングを買ってちょうど1年目の日です。


買ってすぐにクロノグラフの針が壊れたり、ついこないだも自転車で転んで文字盤に傷が付いたりしましたがそんなことも含めて、いやむしろそんなことがあってより僕はこの時計が好きになりました。




時計に「Alegria」(ポルトガル・スペイン語で“悦び”)と刻みましたが、モデル名のEvolution通り買った後の悦びも進化しています。




今の自分と比べたらかなり髪が長いのと肌が荒れちゃってるので退化してる感は否めないんですが、去年時計買った時に「BreitlingのBはBrilliantのB。そしてBanchiのBもBrilliantのB」って言えるように進化しないとね。
[PR]
by norioba3 | 2008-12-14 20:59 | mono

自転車買いますた

こないだ言ってた通り今日は梅田に行き、ルイガノの自転車を買いに行きました。


f0048630_151250.jpg


本当は自転車だけで43000円位だったんですが、阪神残念セールで36000円まで下がってたので20日からの姉の従業員販売期間を待たずに即購入。

自転車・ライト・鍵・防犯登録で45000円也。

帰りは梅田から寝屋川まで試運転を兼ねて1時間半程のサイクリングでした。


走る前はママチャリの感覚に慣れていたため、バイクの感覚になれず気持ち悪かったんですが、慣れてくるに連れてバイクとママチャリの違い、前者は乗ることが「目的」であるのに対して、後者は買い物とかどっか行く時の「手段」であることを実感したよ。



線路沿いに走ったものの途中迷い、川沿いに走ってて家の近くのマンションが見えた時は軽く感動しましたww


帰りの道を走ってて、小学生の時マウンテンバイクを買ってもらい、車でも1時間位かかるような場所にも自転車で行ってたあの頃の気持ちを思い出しました。


こっちは冬でも自転車に乗れるからこれから色々道具揃えて色んな所走りに行こうかな。。
[PR]
by norioba3 | 2008-10-14 01:05 | mono

衣替え

土曜日のことなんですが、ブライトリングのベルトをSSから革ベルトに変えて、


これが

f0048630_8505098.jpg



こうなりました。


f0048630_8511534.jpg




写真じゃわかりにくいんですが、SSのキラキラから革ベルトに変えてシックになりまさいた。


まだ革が堅いので着けづらいですが、もう少ししたら、「馴染む!実に!馴染むぞ!」ってなってくるでしょうww


ベルトを買えるだけで印象をガラっと変えられるブライトリングマンセ~!
[PR]
by norioba3 | 2008-10-13 09:11 | mono

よし、自転車買おう

こんばんわ、腕立てとかしてるものの体の衰えを感じ、何か新しいこと始めようかなと悩んでた番地です。


きっかけは阪急イングス館の自転車売場でした。


12月25日までの期間限定でオープンしてる店なのですが、その中で気に入った自転車を見つけました。

その自転車とは、




Louis Garneau(ルイ・ガノ)!!




このブランドを知ったのは大学1回生の時。

同じアパートだった熊本出身の巨人・本田類君が乗っていたルイ・ガノの自転車でした。


当初「類がルイ・ガノ乗ってる。お前ネタだろう」と思ってたんですが、ブランドを調べてみたらデザイン的にも格好いいし、何より気に入った自転車が5万円台のリーズナブルな価格だったことから購入を決めました。

そしてもう一つのきっかけが今週号のTarzan


買おうかなと思った時にたまたまコンビニで見かけたTarzanが自転車特集だったこと、そして店から出た時に停まってたルイ・ガノの自転車。


これはもうサインですww


本当は今週末にでもすぐ買いに行きたいんですが、20日~28日が阪急に勤めてる姉の従業員販売期間で、2割引位で購入出来るのでそれまで首を長くして待とうと思います。

早く20日にならんかな~
[PR]
by norioba3 | 2008-10-09 22:54 | mono