時計を筆頭に管理人の琴線に触れた物を紹介していくブログ


by norioba3

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今週末金曜ロードショー「ルパン3世対名探偵コナン


アニメ界における猪木と馬場!


それぞれ原作者と出版社がことなる2つの作品が1つのアニメとして放送される!


決して交わるはずがない「世紀の大泥棒」と「迷宮なしの名探偵」。


出会ってしまえば、おのずと戦う運命にある二人。


銭形のとっつぁんと目暮警部が協力したらどうなるのか?


不二子に対して小五郎は鼻の下伸ばしっぱなしでナンパするんじゃないのか?


阿笠博士の発明とルパンの発明どっちがすごいのか?


少年時代の空想に似た夢がこの2人によって次々と実現する!!


正にアニメ史に残る超ド級コラボ!!!


金曜日が楽しみでしょうがないぜ!!!
[PR]
by norioba3 | 2009-03-23 22:59 | テレビ・映画

魔裟斗すげえ

結構前なんですが、世界3大時計ブランドの一角・オーデマピゲ(ちなみに残り2つはヴァシュロン・コンスタンタンとパテックフィリップ)から魔裟斗モデルの時計が発表されました。

f0048630_181327.jpg



オーデマピゲ(以下AP)と言えば、ロイヤル・オークと呼ばれるスポーツウォッチが有名なんですが、八角形の文字盤と貫通して固定され、ネジ底が剥き出しとなっている八本のネジが特徴的です。

『ターミネーター』シリーズで有名なカリフォルニア州知事のシュワちゃんも熱狂的なファンで、『ターミネーター3』の公開を記念して「ロイヤルオークT3」も発売されました。


f0048630_181347.jpg



そしてこちらが魔裟斗モデル。


f0048630_183301.jpg


特筆すべきは日の丸とチャンピオンカラーを示す赤。


そして1ラウンド3分を示すことから1時に3、2時に妻の矢沢心のラッキーナンバーである14をあしらうと共に、2時に設置することで2人は1つであることも表しています。


日本人としてはもちろん初めてで、世界的な時計ブランドであるAPとのコラボレーションは魔裟斗の実力が世界的に認められたことを意味しています。


時計マニアとして一目惚れしちゃいましたが、値段見て一気に現実に戻されましたorz

※写真の通常版が200本限定で240万、ダイヤをあしらった限定版は20本限定で2000万!


通常のロイヤルオークも130万位からなのでとても手が出せませんが、いつかは腕に巻けるような大人になりたいものです。

それにしても魔裟斗モデル格好いいな~
[PR]
by norioba3 | 2009-03-22 18:02 | mono

GW九州行こう

気の早い話ですが、今年のGWは1年振りに九州に行くことに決めました。

理由はこれ



昨年初夏に上野で行われ、興味はあったんですが結局は行けずじまいのまま終わってしまいました。


そして今日何気なくツタヤに行ってみたらこれを発見しSOKUGAI!


何と『最後のマンガ展<熊本版>』開催と書いてあるじゃありませんか!


しかも期間は4月11日~6月14日。


GW挟んでるから熊本行ったら見られる!

f0048630_22263341.jpg



もう行くしかありません!!


というわけで、熊本経由で大分に遊びに行くのでコハルスタッフさん待っててくださいNE!
[PR]
by norioba3 | 2009-03-15 22:27 | その他

24歳になりました

今日誕生日だったんですがメールくれたみなさんありがとうございました。


仕事終わって家に帰ったら母から荷物が送られてきたようで、ふた開けてみたら革製のマウスパッドが入ってました。


f0048630_23251777.jpg


ぱっと見何かなと思いましたが、パスポートケースとか僕の好みを知ってるせいかいかすプレゼントでした。


渋いね~、全くおたく渋いぜbyダークブルームーンww


話が少し脱線してしまいましたが、24歳になって自分の中のある目標の期限が残り1年を切ってしまったので、これから本腰入れて目標を目指します。


そして井上雄彦が魔裟斗との対談で「どれだけ読者の心に残る絵をかけるか、それが僕のパンチ力です」と言いましたが、僕も今年は肉体的なパンチ力だけでなく、相手の心に残るパンチ(言葉)を出せるようにしていこうと思います。

こんな僕ですがこれからもよろしくお願いします。
[PR]
by norioba3 | 2009-03-09 23:26 | その他
これからの季節、眩しくなってくるので自転車用にオークリーのサングラスを買いました。

f0048630_21504285.jpg


モデルは宮里藍や石川僚選手も着用するフラックジャケット。


フレームもレンズも黒なので姉には蝶野みたいと言われましたが、スポーツサングラスの品質においてはさすがの一言。


ノーズピースとイヤーソックには汗や水が加わるとグリップ力が増すアンオブタニウムが使用され、耐衝撃性も他社の追随を許しません。


またハイドロフォビックレンズコーティングにより土や埃などの汚れを寄せ付けないだけでなく、水分も油分も弾いてくれます。


マウンテンバイクのライディングにもドライブにもオークリーのサングラスは汚れのない快適な視界を約束してくれます。


“デザインと機能は両立する”が持論なんですが、フラックジャケットなら普段使いも出来るし、スポーツをしていて汗をかいても邪魔されないのでこれからの季節は大車輪の活躍が期待できそうです。
[PR]
by norioba3 | 2009-03-07 21:51 | mono
タイトルは5~6年前の『monoマガジン』手紙特集号のキャッチコピーです。

今日は用事があって梅田に行ってきたんですが、そこで文房具フェアをしてました。

mono好きなんで眺めてみると世界初の六角鉛筆を作り、後の鉛筆の硬さの基準を築いた「ファーバーカステル」や宇宙で使える唯一のペン「エム・スコープ」など萌える文房具が沢山販売してました。


しかしそこで僕の足を止めたのはペンではなくシーリングワックスでした。

f0048630_22161173.jpg



シーリングワックスとは簡単に言えば手紙の封をする蝋なんですが、映画『ビューティフル・マインド』でラッセル・クローが機密文書に蝋を垂らしてスタンプを押すシーンを見て「これいい!」と思いました。


その後『monoマガジン』を見てネットでワックスとスタンプ注文後、ちょくちょく手紙に蝋を垂らしてスタンプ押すのがマイブームだったんですが今日久々にワックスを買って誰かに手紙を書きたくなりました。


テクノロジーが進化して離れていてもあたかもその場にいるようにコミュニケーションが取れますが、いくら時代が変わってもアナログの暖かさってありますよね。


特に雨に濡れた手紙や遠くから来た手紙を見て「ずいぶん遠くから来たな」とか書いた人に対して思いを馳せることができます。


メールやネット全盛の今だからこそ大切な人に手紙を書いてみるのもいいかもしれませんね。
[PR]
by norioba3 | 2009-03-01 22:16 | mono